コラム

 公開日: 2015-03-28  最終更新日: 2015-03-31

山形県の高齢者『ヒートショック』予防!【3つのステップ】

上質空間プロデューサーの橋本広幸です。

この記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。
さて、前回までの記事では、「ヒートショック」による浴室内事故の
発生件数ワースト1が「山形県」であるというお話しをしました。

モードが少々ネガティブな感じに捉えられたかもしれませんね。

前回の記事はこちらから↓
ヒートショックから家族の命を守る山形県の浴室断熱リフォーム

しかしながら、原則的になんでもそうかもしれませんが
「現況を把握する」ということは大切なことで、その課題を乗り越える
ためにはとても大切なプロセスだと思っています。

ヒートショックを予防するための3つのステップ

そして、いよいよその課題を乗り越えるためのステップを読者の皆様と
一緒に考えていきたいと思います。

前回の記事で、寒さを我慢してきたであろう山形県人にとって
ヒートショックに起因する浴室内事故を予防するための方策には
3つのステップがある、というお話をしました。

それではその詳細について進めていきましょう。

●第一のステップ
【断熱サッシを取付ける】

これまでの記事でも断熱サッシについてはたくさん書いてきましたが、
実はこのステップこそ、とても大切なステップです。
居室の場合であってもエアコンや暖房機を吟味する前に
本来はまず建物の性能を上げることが肝要なのです。
そして、その建物の断熱の中でも「最も寒暖のエネルギーの出入りが多い場所」はどこでしょうか?
そうです。それが「窓」なのです。
つまり「窓」の性能をあげることこそ最も初めに知るべき対処法だということです。

●第二のステップ
【断熱サッシを取付ける+積極的に浴室内部を暖める】

第二のステップは、第一のステップで断熱窓を装備した上で、
浴室内部や脱衣室を積極的に暖めるということです。
第一のステップでの論拠を知ったうえで、暖房をしてあげることで効果的な暖房が実現します。
第二のステップまでは「今現在ご利用の既存の浴室」という前提です。
もしも床が冷たいタイルならその上に「木製のすのこ」などを敷いてあげれば
より効果的だと思います。
何しろ入浴の際は素足、裸状態ですから素足のことを考えてあげることも
自分のカラダに対する優しい気遣いですね。

●第三のステップ
【システムバスに取替える、躯体(くたい)の断熱を強化する+積極的に浴室内を暖める】
さて、いよいよ第三のステップです。
このステップは、この記事の中では書ききれないこともありますので
次回の記事にその詳細の内容を譲りたいと思いますが、
その前になぜこのステップが望ましいのか?その根拠を示したいと思います。
第二のステップまでは「今現在の浴室」をそのまま利用して機能を加えることが
可能なステップです。
窓の断熱が大切なことは前述のとおりですが、

*もしも浴室を創って15年以上経過するなら、
*しかも寒さが気になるということであれば、

例え現在システムバスになっているとしてもお取替えをおススメします。
その理由はこちらです。


浴室内部から見る限り、システムバスに「そう大きな違い」はわからないでしょう。
ところがシステムバスを組みたてる前の状態がどのような状態なのか?
それが一番の「肝」だからです。
例え断熱窓が装備されているとしても、システムバスの組立てる前の建物
(躯体(くたい))の状態は確認できないのです。
つまり、システムバスは建物(躯体)の中に箱を作っているのですが、
そもそもその建物に「断熱材」が効果的に、そうです、効果的に施工されているかどうか?
それが最も肝要であり、これこそが「肝」になります。


システムバスにも「断熱パネル」や「断熱天井」などオプションをご用意していますが
それよりも前に「建物(躯体)の断熱状況」が実は最も重要であり、
それがなされて初めてシステムバスの「さまざまなメリット」が「効果的に発揮されて」
そして「住まい手」の方へ最も大きな恩恵を提供できるのです。

第三のステップの基本的な考え方を提案しました。
次回はさらにさらに楽しい、そして本来「リラックスを愉しむ」お風呂としての
機能や製品のお話をさせて頂きます。

*******************
ウェルスハシモト
http://wells-hashimoto.jp/
お問い合わせは、フリーダイヤル 0120-38-4610
(0120さあ、ハシモトへ)

住まいの改善は住まい手のエネルギーアップに
直接貢献します。

私たちは、住まい手のエネルギーアップに貢献するための
方法論を常に学ぶ中、「リラックス」することでより効果的に
住まい手の能力が引き出されることに注目しました。

そんな住まいの【場】と【人】そして【食】のQOLを高めることで、
住まい手にとっての更なる上質空間を生み出し、
生き生きと人生を送るためのサポートを私たちは提供します。

この記事を書いたプロ

ウェルスハシモト [ホームページ]

インテリアコーディネーター 橋本広幸

山形県最上郡最上町向町279-13 [地図]
TEL:0233-43-4103

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ウェルスハシモト 上質空間プロデューサー 橋本広幸さん

住む人の心と健康を守るやすらぎの家。それがウェルスハシモトの「上質空間」リフォーム(1/3)

 「家をリフォームしたいと思う時は、大抵は何かの課題を解決したいと思っている時なんです。家と、そこに住む人の心とからだのつながりというのを追求しようと、心理学の勉強もしました。」そう語るのは、リフォームの設計・施工などを営む「ウェルスハシモ...

橋本広幸プロに相談してみよう!

山形新聞社 マイベストプロ

「ココロ×カラダ×スマイ」で真の安らぎを生む上質空間を提供

会社名 : ウェルスハシモト
住所 : 山形県最上郡最上町向町279-13 [地図]
TEL : 0233-43-4103

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0233-43-4103

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本広幸(はしもとひろゆき)

ウェルスハシモト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
山形県で補助金や省エネ住宅ポイントを活用して自宅で【スパ】を楽しみませんか?(ウチスパ)
イメージ

 2015年は「リフォームされる方」にとって「ついてる年!」 上質空間プロデューサーの橋本広幸です。...

[ リラックスを科学する ]

これからの寒さでも快眠ができる「宇宙塗料 ガイナ」で塗る寝室
イメージ

 寒い冬にそなえる 1年半ぶりの投稿となります。この記事を読んでいただきましてありがとうございます。さ...

[ スマイの健康情報 ]

ユニバーサルデザイン(高齢化・健康志向)の時代が求める「未来のお風呂」SPAGEスパージュとは?
イメージ

上質空間プロデューサーの橋本広幸です。この記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。前回まで...

[ ココロ×カラダ×スマイとは? ]

浴室換気乾燥暖房機よりも優れた高齢者ヒートショック対策「湿式暖房」(低温ミストサウナ)
イメージ

上質空間プロデューサーの橋本広幸です。この記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。さて、前...

[ カラダの健康 ]

ヒートショックから「家族の命」を守る、山形県の浴室断熱リフォーム
イメージ

上質空間プロデューサーの橋本広幸です。この記事を読んでいただき、誠にありがとうございます。さて、前...

[ カラダの健康 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ