コラム

 公開日: 2017-06-12 

東根市M様邸の作庭工事、完成しました。

4月中旬から工事に取り掛かっていましたM様邸の作庭工事。
1ヶ月半にも及ぶ長丁場でしたがようやくここに完成しましたので、どのように変化したのかビフォー・アフター形式で紹介させて頂きます。

before
6427

after
7420
7419
2台用のカーポート。
物置も建物の外壁と同じオータムブラウン系の色で統一し、一体感を持たせています。
そのカーポートと合わせて建てたフレーム。額縁効果で眺める景観を額縁状の枠で切り取ったので、眺めた時の印象が強くなりました。それに合わせて、門柱も枕木と柱を組み合わせて大胆にデザインしてみました。

before
6426

after
7423
こちら側から眺めても、やはりカーポートとフレームが組み合わされる事により、カーポートだけが孤立しているのではなく、一つの構築物として成立しており一体感が生まれています。

before
6694

after
7428
7407
7410
庭の境界には板塀を設けて空間を仕切っています。
板材は和モダンを強調する為に縦使いにして、間にアクセントとしてさらし竹を挟みました。板塀も同系色に塗った事によりシックになりましした。
アプローチには「ベンガルブラック」という珍しい黒い石材を乱張りにして張り、白御影石の敷石と組み合わせる事で、コントラストが強調され、あたかも料亭の苑路のような高級感が演出できました。
主庭はゴロタ石で作った洲浜と、伊勢砂利で作った流れで構成された枯山水を作ってみました。
植栽はできるだけシンプルにしたかったので、ヤマモミジ、ハナミズキ、アオハダの3本のみにして構成しました。それとは対照的に、下草はコケの代わりにリュウノヒゲをビッシリと植え込み、所々に山野草を植えて趣を与えています。

before
6695

after
7424
道路沿いにはマサキの生垣を設け延長を長くする事で、緑の量を増やし潤いを与えています。

この記事を書いたプロ

株式会社 武田園芸 [ホームページ]

1級造園施工管理技士 武田和博

山形県東根市神町南一丁目8-14 [地図]
TEL:0237-47-0263

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社武田園芸 代表取締役社長 武田和博さん

作庭家の技と感性が息づく、こだわりの「庭」と「外構」(1/3)

 緑に囲まれ、季節の花々が彩りを添えてくれる庭園は、家に住んでいる人だけでなく、目にするすべての人々の心に癒やしと潤いを与えてくれます。自分の好みやライフスタイル、家の外観や街並みにマッチした庭がつくりたい―。そうした希望をお持ちの方も、多...

武田和博プロに相談してみよう!

山形新聞社 マイベストプロ

「技術」と「風土」を熟知し、快適で使いやすい空間を創造します

会社名 : 株式会社 武田園芸
住所 : 山形県東根市神町南一丁目8-14 [地図]
TEL : 0237-47-0263

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0237-47-0263

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武田和博(たけだかずひろ)

株式会社 武田園芸

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
東根市S様邸のガーデニング、完成しました。
イメージ

工事を着工する前と後でどれ立体的に変化したのか、ビフォーアフター形式で説明したいと思います。before...

東根市M様邸のガーデニング完成しました。
イメージ

ガーデニングが終わってどのように変化しM様に驚かれたのか、ビフォーアフター形式で説明したいと思います。b...

山形市K様邸のガーデニング完成しました。
イメージ

この狭く感じられる中庭の空間が、ガーデニングが施された事によって潤いのある空間に生まれ変わりました。...

東根市T様邸のガーデニング完成しました。
イメージ

庭に曲線を用いると何故か広く感じてしまう!そんなお手本のような作品に仕上がりました。beforeafter...

東根市S様邸のガーデニング、完成しました。
イメージ

例によって分かり易い様にビフォーアフター形式で説明したいと思います。beforeafterリビングダイニ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ