コラム

 公開日: 2018-05-14 

2030年問題まとめ1

                        2030年問題まとめ
【絶対】を用いた【見解】
「石のお墓って必要なの?」
「えぇ、<絶対>必要です。日本人ならね!」

「絶対」という言葉はやたらと使うものではありませんが、
あえて使わせていただきます。
遺恩会議のテーマとして「寿陵」と「2030年問題」というものを私なりの視点で分析し発表
したわけですが、行きついた先が「石のお墓は絶対必要」といった「見解」です。
「見解」ですので受け取る側の皆さんにおかれましては正解でもなく不正解でもない
というスタンスでお読みください。

さて、最近は石のお墓離れが叫ばれ色々なスタイルの埋葬形態が世間をにぎわせておりま
す。石のお墓と比べると「夢」があって「カッコいい」「憧れ」…供給側はとても宣伝が
上手です。でも、石のお墓しかご提供できない弊社に言わせると「大事なところが完全にす
っぽ抜けてますよ・・・」と言わざるを得ません。
では「すっぽ抜けているところとは?」

簡単に言ってしまえば「故人の情報」そして残されたものへの「配慮」のすっぽ抜け(不
足)です。
今を生きる人たちはすべて「残された人」、言い換えれば「残された私達」です。これまで
当たり前だった石のお墓はこの「残された私達」があたりまえに石に刻まれた故人の情報を
見て「思い・偲び」、実像であり偶像である石のお墓に思いを宿すことを、気づかずとも「あ
たりまえ」にできました。しかし石のお墓ならあたりまえである「故人の情報」「配慮」不
足からなる埋蔵施設に於いては主に「心の中」にしか故人への思いは宿せないのではないで
しょうか。これがわつぃの言うところの「2030年問題」へとつながります。
では「2030年問題」とはいったい・・・?
「石にお墓を持たない家庭に育った若者(人)が増え始め、自分のルーツである先祖の情報
をリアっルに知らぬ(見ぬ)ままに大人になり、やがて子を持ち死んでいく…というループ
が始まる」ということ。

第一回はここまでにします。

この記事を書いたプロ

石光石材店 [ホームページ]

石職人 石澤光弘

山形県山形市十日町3-10-18 [地図]
TEL:023-622-2569

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石澤光弘 いしざわみつひろ

全ての作業を一人でこなす『自分加工』で低価格(1/3)

 石光石材店を紹介するときのキーワードは「自分加工」「国産石」「正確な情報の提供」の3つ。 「うちの場合は『自分加工』なんです。」打ち合わせから始まり、図面作成、切る、磨く、カービング(エアーを使って行う字彫り)等の加工、施工まで全ての作...

石澤光弘プロに相談してみよう!

山形新聞社 マイベストプロ

確かな技術で全ての作業を一人でこなすため、低コストを実現

会社名 : 石光石材店
住所 : 山形県山形市十日町3-10-18 [地図]
TEL : 023-622-2569

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

023-622-2569

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石澤光弘(いしざわみつひろ)

石光石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
墓地の解体について

最近仕事として多いのが、お墓の処理、解体です。御遺骨の方は改葬の手続きがありますが、詳しくはいずれ、今回は...

今年の傾向

今年はさすがに2月いっぱいは静かでしたが、3月からは戒名の彫刻の連続でした、でしたでしょうか?これからも戒...

現場彫り
イメージ

今日も朝一からお客様の三連続、どちらのお客様も大切なお客様です。今日も戒名の彫刻の御依頼をいただきました...

今日は納骨のお手伝い
イメージ

今日は朝から先日戒名を彫らせていただいたお客様の納骨のお手伝いでした。十時からの法要ということで、9時に出か...

2030年問題まとめ3

続き今の日本の現状はそこまではいっていませんね。ですから今の日本社会は「多神教を根拠とした石のお墓に刻ま...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ