コラム

 公開日: 2018-05-10 

墓じまい事例

墓じまい
以前墓じまいさせていただいた物件、今は更地のはず、最近行っていない場所なので詳細は分かりません。確か12尺×6尺×2尺高さ、考えるとでかい墓でした。建て主は確か元石屋さん、ですから通常より丁寧に作られていました。だから解体は骨が折れました。せっかく作った立派な墓だったのですが、もったいない。
千葉のとある石屋さんからコラムの提供を受けました、近じか掲載したいと思っています。彼の考えは石の墓は絶対必要だというもの、石に刻んだ情報は貴重で、それが先祖とのつながりのしるしとなり、それがあるから世の中はうまくいっている?そんな感じでしたか?読解力があまりないので、掲載を楽しみにしてください。
自分は墓は石であることにはこだわりません、たとえ石でも必ず朽ちてしまいますから、だた、しるしは必要かと思います。
自分はどちらかというと無宗教に近い考えなのかもしれません、たぶん石屋という業界に入ってからそうなったのかもしれません、それまではボーイスカウトでも、今は亡き、真宗大谷派の関連のボーイの隊だったので、佛教賞なるものまで頂いていました、法名も高校の時にいただいています、釋善聴、私の法名です、生きる指針としています、自分は落ち着きがなく、おっちょこちょい今でもですが、ですから他人の話も右から左出した、ですから他人の話をよく聞くことを教えられたと思っています。そんな自分でしたがやはりお寺さんの中には、尊敬できない方もいたりしました、自分はそういう人には決して追従したくないたちなので、正しいことをしてもひどい目にあったりしました、また自分は、石屋という職業は死んだ方に奉仕する、死んだ人が見ていてくれるから、間違ったことはするものではない高尚なものだと思っていました、しかし、度重なる同業からのひどい仕打ちも経験してきました、そんな中で、宗教に対してはどちらかというと否定的な見解が出来てしまいました。もちろん素晴らしいお寺さんは多々あります、家のお寺さんとかはもちろん、石屋さんも最近はいろんな仲間もでき、全国各地の石屋さん素晴らしい仲間もできました。いろいろお世話になっています。だた今まで経験から導き出された答えが今の自分です。これからも自分の考えを貫いて自分の手でできるだけお客様に喜んでいただけるお墓をつくっていきます。これが基本です。しかし今自分は、業界が一般の方々から本当に信頼されるものにするのも自分の役割と思っています。今まで自分もいろんなミスをしてきましたが、年も年なのでそれなりに社会的責任に向き合っていきます。
とりとめのない話になりましたが、墓じまいも今の主流になりつつありますが、個として向き合える自分の墓所を大切にしていただきたいです。立派なお墓は要りません、でも自分の先祖を個として祀ることのできる場、先祖と向き合える場、しるしは、必要だと思います。なぜ「個」を強調したか今はもちろん永代墓という集団で埋葬する施設もありますから、そういう選択肢もあります、供養の多様性は否定しません。今年リフォームした緑町の円徳寺の永代墓は「個」を大事にした永代墓です。様々な選択肢はありますが、奇をてらったものよりやはりしっかりした供養が背景にあるものを選んでくださいね。

この記事を書いたプロ

石光石材店 [ホームページ]

石職人 石澤光弘

山形県山形市十日町3-10-18 [地図]
TEL:023-622-2569

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石澤光弘 いしざわみつひろ

全ての作業を一人でこなす『自分加工』で低価格(1/3)

 石光石材店を紹介するときのキーワードは「自分加工」「国産石」「正確な情報の提供」の3つ。 「うちの場合は『自分加工』なんです。」打ち合わせから始まり、図面作成、切る、磨く、カービング(エアーを使って行う字彫り)等の加工、施工まで全ての作...

石澤光弘プロに相談してみよう!

山形新聞社 マイベストプロ

確かな技術で全ての作業を一人でこなすため、低コストを実現

会社名 : 石光石材店
住所 : 山形県山形市十日町3-10-18 [地図]
TEL : 023-622-2569

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

023-622-2569

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石澤光弘(いしざわみつひろ)

石光石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
墓地の解体について

最近仕事として多いのが、お墓の処理、解体です。御遺骨の方は改葬の手続きがありますが、詳しくはいずれ、今回は...

今年の傾向

今年はさすがに2月いっぱいは静かでしたが、3月からは戒名の彫刻の連続でした、でしたでしょうか?これからも戒...

現場彫り
イメージ

今日も朝一からお客様の三連続、どちらのお客様も大切なお客様です。今日も戒名の彫刻の御依頼をいただきました...

今日は納骨のお手伝い
イメージ

今日は朝から先日戒名を彫らせていただいたお客様の納骨のお手伝いでした。十時からの法要ということで、9時に出か...

2030年問題まとめ3

続き今の日本の現状はそこまではいっていませんね。ですから今の日本社会は「多神教を根拠とした石のお墓に刻ま...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ