コラム

2013-06-09

異文化の尊重

日本では常識的なことでも、世界では小さな非常識に映ることがあります。

前回もお話しましたが、食事の仕方もそのひとつ。

世界の人口の30%の「箸食」人口ですが、意外なことに、箸のみで食事をしているのは日本だけです。日本以外の箸食の国々では、箸と一緒に蓮華や匙、ナイフなどを併用しています。世界で日本だけが「完全箸食文化」の国。その理由として、日本のご飯は粘り気があるため、スプーンだとくっついて食べにくかったためと言われています。
また、食器を手に持って食べてよいのも和食だけです。もともと日本の食事が、テーブルではなく、畳の上で戴くお膳料理だったからかもしれません。和食以外では、食器を手に持ったり、お皿を持ち上げて食べることはありません。

昨日、食事をした中国料理店でこんなことがありました。

お食事の最後の方で冷たい麺が出てきました。受け皿に添えられていた蓮華の向きが、左側に柄の部分、右側がスプーン部分になっていたので、一瞬、逆?と思いましたが、戴く時になって、それはお店の方の心遣いだということに気が付きました。
左手に蓮華を持ち、右手の箸で挟んだ麺を蓮華で受けながら、器を持ち上げずに食べることを考えて、すぐに左手に取りやすい向きにセットされていたのです。
ちなみに、その後に出された杏仁豆腐用のスプーンの向きは、麺の時とは逆で、右側に柄の部分がくるように、いつもよく目にする向きに添えられていました。
お店側の細やかな心遣いに感激し、気持ちのいい時間を過ごすことができました。

食器を手に持って食べるのが良しとされる日本と、お皿を持ち上げたり、勝手に動かしたりしないのがマナーとされるその他の国々・・・

食事に限ったことではなく、
文化の違いによって、
日本では常識的なことが、海外ではマナー違反や非常識なことに映ることがあります。

そういった場合は、

「郷に入っては郷に従え」

周りの方々の心遣いに感謝し、できるだけ、その国や国の文化に合わせて振舞うことがマナー(異文化の尊重)であり、より心地よい時間を過ごせそうです。

この記事を書いたプロ

ムーンアンドスター パートナーズ

マナー講師 佐藤博子

山形県山形市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
MSPメニュー
イメージ

大会、式典、祝賀会、シンポジウム、フォーラム、セミナー、講演会、その他のイベントの司会、また、結婚披露宴の司会も私たちMSP(ムーン&スターパートナーズ)アナ...

 
このプロの紹介記事
「マナー」や「コミュニケーション」について語る佐藤博子さん

マナーは「人生を愉しむ教養」(1/3)

 「マナー」というと、「堅苦しい」「面倒」というイメージから、つい敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。 「マナーというのは、ある一定の時間をご一緒する方と、いかに心地よく過ごすか―という心配りのこと。難しく考えることはないのです...

佐藤博子プロに相談してみよう!

山形新聞社 マイベストプロ

好感度アップのためのコミュニケーション術を幅広くアドバイス

会社名 : ムーンアンドスター パートナーズ
住所 : 山形県山形市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

佐藤博子(さとうひろこ)

ムーンアンドスター パートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
10億の種は意外なものでした。

きっと誰もがファンになってしまうことでしょう。初めてお会いしたその方は表情も話し方もとてもチャーミングな...

イメージするのは一本線

普段、どのように歩いていますか?あまり意識をすることはないかもしれませんが、線路の上を歩いているよ...

[ 【女性のための美と健康&マナー】 ]

当たり前のことを当たり前に

連日のリオオリンピックでの日本選手の活躍、本当に素晴らしいですね。先日、金メダルを獲得した柔道の大野将...

「私たちにできることで誰かを輝かせる」ということ

パートナーのフリーアナウンサーと一緒にアナウンススクールを開催しています。スクールの建物があるわけでは...

「強く優しい」 「優しく強い」

先日、ある企業の新入社員ビジネスマナー研修に伺いました。女性だけの研修でしたので、女子力アップの女性仕様...

[ マナー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ