コラム

2014-06-03

”おもてなし”の気持ちが伝わる時

久しぶりにワインセミナーを開催しました。

何度かこのコラムでお話しましたが、
ワインはコミュニケーションツールの一つとして、定期的に開催しています。
私自身、以前、ワインを知らなかったためにお仕事をお引き受けできなかったことや、せっかくお声を掛けて頂いたのに上手く話を紡げなかった苦い経験が何度かあるからです。

ワインは人の心を開かせるのが上手なようです。
初めて参加される方もいらっしゃるのですが、前からの知り合いだったかのように、すぐにセミナーの空気に溶け込んでくださるのです。
ワインの持つ雰囲気と、色と香りの魔法にかかってしまうのかもしれません。

今回は、いつもはご主人とお二人で参加してくださっている方が、仙台のご友人をお誘いくださいました。 今回も愉しんで頂けたようで、セミナーの翌日にこんなメールを送ってくださいました。

『ワインセミナー、お友達も大喜びでした。ありがとうございました。・・・(中略)・・
ソムリエの話もよかったですし、自家栽培の果物や野菜をつかってのもてなしの心も感じられて、嬉しくなりました。・・・』

そう、ワインセミナーですから、ソムリエのレクチャーつきです。
お料理もワインに合わせてご用意しているのですが、今回は、その他に、ソムリエからの(私も知らなかった)サプライズがあったのです。
ソムリエが、自宅で育てている庭先のルッコラとワイルドストロベリーを持ってきて、ルッコラをお料理のアクセントに、いちごをミルクジェラートと合わせて、デザートとして出してくださいました。
辛みと香りのルッコラと甘酸っぱい野いちごは、今回のテーマのワインにピッタリ。
私にとっても、嬉しいサプライズでした。

“お・も・て・な・し”って、こういうことなんですね。
もてなす側の気持ちが もてなされる側(お客様)に伝わって、双方の気持ちがハーモナイズするからこそ、そこに心地いい空気が生まれるのです。

さりげない、CSを超えるCS(customer surprise)を見せて頂いた夜
ソムリエ、ありがとうございました。

この記事を書いたプロ

ムーンアンドスター パートナーズ

マナー講師 佐藤博子

山形県山形市 [地図]

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
MSPメニュー
イメージ

大会、式典、祝賀会、シンポジウム、フォーラム、セミナー、講演会、その他のイベントの司会、また、結婚披露宴の司会も私たちMSP(ムーン&スターパートナーズ)アナ...

 
このプロの紹介記事
「マナー」や「コミュニケーション」について語る佐藤博子さん

マナーは「人生を愉しむ教養」(1/3)

 「マナー」というと、「堅苦しい」「面倒」というイメージから、つい敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。 「マナーというのは、ある一定の時間をご一緒する方と、いかに心地よく過ごすか―という心配りのこと。難しく考えることはないのです...

佐藤博子プロに相談してみよう!

山形新聞社 マイベストプロ

好感度アップのためのコミュニケーション術を幅広くアドバイス

会社名 : ムーンアンドスター パートナーズ
住所 : 山形県山形市 [地図]

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

佐藤博子(さとうひろこ)

ムーンアンドスター パートナーズ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
10億の種は意外なものでした。

きっと誰もがファンになってしまうことでしょう。初めてお会いしたその方は表情も話し方もとてもチャーミングな...

イメージするのは一本線

普段、どのように歩いていますか?あまり意識をすることはないかもしれませんが、線路の上を歩いているよ...

[ 【女性のための美と健康&マナー】 ]

当たり前のことを当たり前に

連日のリオオリンピックでの日本選手の活躍、本当に素晴らしいですね。先日、金メダルを獲得した柔道の大野将...

「私たちにできることで誰かを輝かせる」ということ

パートナーのフリーアナウンサーと一緒にアナウンススクールを開催しています。スクールの建物があるわけでは...

「強く優しい」 「優しく強い」

先日、ある企業の新入社員ビジネスマナー研修に伺いました。女性だけの研修でしたので、女子力アップの女性仕様...

[ マナー ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ